seo news:遅延読み込みの推奨方法

株式会社ディテイルクラウドクリエイティブがお送りするseo news

2020年6月22日~6月26日の最新ニュースです。


2020年6月26日(金)

Google、Googleニュースで高質な一部メディアに対価支払う

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa6bcc565f31ad5b315f2ae18954514ec446deea

米googleは、Googleニュースで高品質なコンテンツを提供するメディアに対して対価を支払うことを発表したようです。以前よりGoogleには検索結果にニュースを表示することに対してGoogleが対価を支払っていないことに対して批判があったようです。それを受けてか、今回Googleは高品質なコンテンツを提供してくれる一部メディアと契約し、年内に新しいニュース体験ができるようにしていくようです。また今後高品質なコンテンツを提供してくれるメディアの対象を拡大していく予定にあり、メディアの収益化が可能になると予測されています。

 


2020年6月24日(水)

Safari がバージョン 14 からWebP をサポート

https://developer.apple.com/documentation/safari-release-notes/safari-14-beta-release-notes#Media

JPEG や PNG に比べると、25 〜 35 % サイズが小さくなる画像フォーマットのWebP をSafari のバージョン 14 からサポートすることをAppleは発表しました。WebPの画像フォーマットはGoogleが開発したもので、これからよりWebページの高速化の時代がやってくるのかもしれません。またPC 版 & Android 版 Chrome、PC 版 & Android 版 Firefox、EdgeなどのメジャーなブラウザはすでにWebPをサポートしています。

 



2020年6月22日(月)

遅延読み込みの推奨方法


https://developers.google.com/search/docs/guides/lazy-loading

Googleは推奨する Lazy-load の実装手段としてネイティブ Lazy-loadを追加しました。ネイティブ Lazy-loadはJavaScript を必要としないで、HTML の loading 属性を追加するだけで画像と iframe の遅延読み込みを簡単に構成することができます。ページの表示速度でお悩みのサイトは、改善としてGoogleが推奨しているネイティブ Lazy-loadを実装してみるのもいいかもしれません。



seoマスターProfessionalSEOセミナーseoマスターProfessional Facebook