seo news:HTTPS移行とURLの構造変更を一緒に実施することは可能か?

seoマスターProfessionalがお送りするseo news

2016年12月12日~12月16日の最新ニュースです。

 


 

 
2016年12月16日(金)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

モバイルファーストインデックスで気になる方必見!

 

Googleは12月7日、モバイルファーストインデックスについてユーザーからもらった質問について、社員自ら解説しておりましたのでご紹介します。

 

”Japanese Webmaster Office Hours”

 

モバイルファーストインデックスに関する細かい質問についても、丁寧に回答しておりましたので、気になる方は必見です。
こちらを参考に正しい認識で、いつ導入されてもいいように準備を進めていきましょう。

 


2016年12月15日(木)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

GoogleがBingと共同してサイトマップのファイルサイズ上限を拡大

 

Googleは、これまでサイトマップのファイルサイズの上限は従来は10MBまでだったのが、現在では50MBまで拡大したと発表しておりましたのでご紹介いたします。

 

”Google+ Google Webmasters”
https://goo.gl/E6ctIu

 

ファイルサイズですが、圧縮しない状態で50MB以下に抑える必要があるとのことです。
また掲載可能なURL数は、50,000件以下とここでは変更はありません。

多言語設定で設定された大手サイトにとってはありがたい更新ではないでしょうか。

 


2016年12月14日(水)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

メッセージアプリの「Google Allo」をご存知ですか?

 

Googleは今年の9月に「Google Allo」の提供を開始しておりましたが、12/13にGoogleアシスタントの日本語版がお試しできるようになったので、ご紹介させていただきます。

 

・Google Alloとは
Google Allo は多彩な機能を搭載したスマートなメッセージアプリで、
また会話を途切れさせることなく、必要な情報を同じ画面内で確認できます。

 

Google Japan Blog
”Google Alloで日本語版のGoogleアシスタントを試してみよう”
https://goo.gl/ypp1Dv

 

Android及びiOS版にてダウンロードしてお試し頂けるようですので、
気になる方は是非、お試しください。

 


2016年12月13日(火)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

Googleのサーチコンソールで提供されるプロパティセットの種類が増加!

 

Google公式ブログ(英語版)は12月12日、サーチコンソールで提供される、
※プロパティセットの種類を増やしたと発表いたしました。

 

※プロパティセットとは、複数あるウェブサイトのデータをを1つのグループにまとめ、
グループ全体のクリック数や表示回数を1つのレポートとして集計できる機能です。

 

”Enhancing property sets to cover more reports in Search Console”
https://goo.gl/h5Gk29

 

内容から今まで検索アナリティクスデータが集計データだったのですが、こちらに加え、
AMPのレポート、モバイルユーザービリティレポートなども集計できるようになったとのことです。

 

サイトのHTTPS化への移行などでその前後の変化を見たいとときに大きく役立つ機能です。
プロパティセットについては、詳しく知らないという方は下記URLをご参照ください。

 

”Search Console でプロパティセットを使って複数のサイトをまとめて集計する”
https://goo.gl/OpBGVa

 


2016年12月12日(月)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

HTTPS移行とURLの構造変更を一緒に実施することは可能か?

 

12/2に実施されたGoogleオフィスアワー(英語版)内にて、ユーザーの「HTTPS移行とURL構造変更を一緒に実施しても大丈夫か?」と対して、GoogleのJohn Muller氏は、「HTTPS移行とURL変更を組み合わせるのはいい考えかもしれないが、処理を実行して、翌日すぐに処理が完了するようなものではないと認識しておいてほしい。」と発言しておりましたので、ご紹介いたします。

 

”English Google Webmaster Central office-hours hangout”

 

サイト規模がそこまで大きくなければ気にすることはありませんが、サイト規模が大きければ検証を十分に行い、仮に問題が発生した場合の対応マニュアルも準備したうえで、実施した方が良いとのことですので、別々に実施したほうがリスクは避けれるとのことです。

 


seoマスターProfessional

SEOセミナー
seoマスターProfessional Facebook

 


 

seoマスターProfessionalがお送りするseo news 一覧に戻る