seo news:サイトに”絵文字”を使用することによるGoogleからの評価とは?

seoマスターProfessionalがお送りするseo news

2016年8月1日~8月5日の最新ニュースです。

 


 

 
2016年8月5日(金)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

Googleがモバイル検索結果表示にAMPページを表示させる実験を開始

 

AMPページの話題はここ最近多くありますが、Googleはモバイル検索結果表示させる際に、通常の検索結果(スマホ向けページ)ではなく、AMPページを表示させる実験を開始したとのことです。

 

”Google Webmasuter Central Brog”
AMP your content – A Preview of AMP’ed results in Search
https://webmasters.googleblog.com/2016/08/amp-your-content-preview-of-amped.html

 

まだ始まったばかりで、実際の導入はいつになるか分からないとのことです。リンク先には検索結果画面のプレビューもございますので、一度ご覧になってみて下さい。

 

 


2016年8月4日(木)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

ページランクは今でも順位決定の要素として使用されている?

 

今年の4月にGoogleは公式にページランクは表示しないと発表しておりましたが、8月2日にGoogleスポークスマンのGary Illyes氏がユーザーからの質問に対して順位決定の要素として「使っている」と発言したようです。

 

”Gary Illyes Twitter”

 

やはりGoogleでは現在でも、ページランクを検索順位の決定に使用していることになります。

 

ただ、Googleはこれまでも被リンク及びコンテンツは最重要事項だと認めておりますので
、今まで通りの検索エンジン対策を進めていくことで問題はないようです。

 

 


2016年8月3日(水)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

Googleモバイル検索からAMPページへのリンク表示について

 

既に何度か記事でも取り上げておりますが、Googleウェブマスター公式ブログにて、Googleモバイル検索にて表示されるAMPページ表示のプレビューが公開されました。

 

AMPページの適用例が増えていき、多くの方にAMPページ表示が速いことを体験して頂きたいとのことです。詳細内容、プレビューの内容については下記URLよりご参照ください。

 
Googleウェブマスター向け公式ブログ
”AMP 化しよう: Google モバイル検索における AMP ページへのリンク機能のプレビュー” 
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2016/08/amp-your-content-preview-of-ampd.html

 

 


2016年8月2日(火)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

Googleが検索サイト上に「HSTS」を実装したと発表

 

Googleは先日の7月29日に、「www.google.com」のドメイン上でHSTS(HTTP Strict Transport Security)を実装したと発表いたしました。

 

発表内容によると、危険なHTTP URLの参照を自動的にセキュアなHTTPS URLに変換することで、転送中のデータを保護をより強化するとのことです。

 
”Google.com Begins HTTP Strict Transport Security Migration (HSTS)”
https://www.seroundtable.com/google-http-strict-transport-security-22463.html

 

実装はwww.google.comのドメインだけですので、日本での適用はまだみたいですが、いずれ実装は拡大されていくようですので進捗あり次第こちらでご報告させていただきます。

 

 


2016年8月1日(月)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトピックス≫

サイトに”絵文字”を使用することによるGoogleからの評価とは?

 

サイトに絵文字を使用することでGoogleからどのような評価を受けるのか?

 

先日7月26日に実施された”English Google Webmaster Central office-hours hangout”上でGoogleのガイドラインに接触する恐れがあるのではないかと、ウェブマスターからGoogleのJohn Mueller氏が質問を受け、その回答として、絵文字を使っているからといって、そのサイト自体の順位を下げたり、ペナルティを課したり、ということはしないと発言いたしました。

 
内容詳細は下記、リンクよりご参照ください。

 

絵文字を使用しても問題ないようですが、過度な使用は適切ではないと思われます。

 


seoマスターProfessional

SEOセミナー
seoマスターProfessional Facebook

 


 

seoマスターProfessionalがお送りするseo news 一覧に戻る