seo news: AMPはまだランキング要因ではない?

seoマスターProfessionalがお送りするseo news

2016年2月29日~3月4日の最新ニュースです。

 


 

 

2016年3月4日(金)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

Google 画像検索にまた変化

 

Googleは画像検索の項目で昨年夏から様々な
フィルターをかけられるようなボタンを試験的に設置しています。

 

昨年の夏にはモバイル端末で「wood home siding(木の家の壁)」と画像検索した際に

 

【stone(岩)】

【brick(レンガ)】

【cement(セメント)】

【metal(鉄)】

 

などのフィルターボタンが登場し、

さらにそのフィルターボタンの【brick(レンガ)】を押すと

 

【white】

【gray】

【green】

【brown】

 

などの色のフィルターボタンが登場していたようです。

 

前回はモバイル端末のみでのテストだったようですが、
今回の画像検索のフィルターボタンテストでは、デスクトップでも行われているようです。
なお、テストはアメリカのみで行われているようです。

 

画像検索に関して何か動きがありましたらこちらでご紹介していきます。

 

上記の記事は下記URLを参考にいたしました。
”Google Image Search Tests Colored Filter Buttons”
http://searchengineland.com/google-image-search-tests-colored-filter-buttons-243793

 

 


 

 

2016年3月3日(木)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

Google スパムレポートについて

 

2016/03/01にアメリカで開催されたSMX WESTでGoogleの
Juan Felipe Rincon氏からスパムレポートについて
コメントがありましたのでご紹介いたします。

 

「月に35,000ものスパムレポートの報告がユーザからきている。
そのうちの80%が本当のスパムサイトで65%のサイトは手動で対策をしている」
とコメントしていました。

 

以前もご紹介しましたが、スパムサイトでなくても
Googleからスパムサイトと見なされスパムサイトに対する警告のメールが
送られてきてしまうサイトもあるようです。
そのサイトが上記の数字で言う本当のスパムサイトではない
20%に入っているのではないかとウェブマスターの中で言われています。

 

サイトが下記に該当する場合に警告のメールが届くようです。

 

・あたかもインストールが必要なように装ったり、注意喚起して、
ユーザのデバイスやブラウザにインストールさせるもの

 

・サイト上で何かをするごとにパスワードを要求してきたリ、
パスワードをシェアさせるようなもの

 

上記の記事は下記URLを参考にいたしました。
”Google Takes Action On 65% Of User-Generated Spam Reports”
http://searchengineland.com/google-takes-action-on-65-of-user-generated-spam-reports-243708

 


 

 

2016年3月2日(水)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

Googleの検索結果表示が変わった?

 

検索結果表示にサイトの下に電話のアイコンと電話番号が
記載してあるBOXが登場したとアメリカのSEO情報サイト
Search Engine Roundtableとの記事がありました。
またこの検索結果表示については、Ryan Schilling氏が発見し
Twitter上で公開した情報が元となっているようです。

 

Googleから特に発表はなく、テスト段階の結果表示かもしれません。
また日本ではまだ確認されていません。
また何か新しいことが分かりましたらご紹介いたします。

 

”Google Organic Results Showing Phone Number & Phone Icon”
https://www.seroundtable.com/google-organic-results-showing-phone-number-box-21712.html

 

 

Ryan Schilling氏のTwitter

 

 

 


 

2016年3月1日(火)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

ワードプレスでもAMP対応ができる。

 

サイトを作るときによく利用されているワールドプレスでも
AMP仕様にすることが可能なAMPのプラグインが登場したようです。

 

先日AMPはランキング要因ではないとGoogleがコメントしていましたが、
モバイルユーザビリティの1つとして認識はされているようなので、
ワールドプレスでサイトを作成されていてAMPの導入を検討しているサイトを
お持ちだったら実装してみるのもいいかもしれません。

 

ワールドプレスAMPプラグインダウンロード
https://wordpress.org/plugins/amp/

 

 


 

 

 

2016年2月29日(月)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

AMPはまだランキング要因ではない?

 

昨年の12月にGoogleは、「AMPはランキング要因になると思う」とコメントしていました。

 

しかし、2016年2月26日に行われたEnglish Google Webmaster Central office-hours hangoutでGoogleのジョン・ミュラー氏が「AMPはランキング要因ではない」とコメントし、「モバイルフレンドリーであることの1つとしてのAMPの実装ということはあるが、AMP単体でランキング要因になることはない。」とコメントしました。

 

以前はAMPのみがフォーカスされていたように感じますが、
現在ではモバイルフレンドリーの中の1つのカテゴリーとして

AMPは認識されているようでした。

 

また何かAMPに関する動きがありましたらご紹介いたします。
上記の記事はこちらを参考にいたしました。
”Google: AMP Not Yet A Search Ranking Signal”
http://searchengineland.com/google-amp-not-yet-a-search-ranking-signal-243498

 

”English Google Webmaster Central office-hours hangout”

 

 


 

seoマスターProfessional
SEOセミナー
seoマスターProfessional Facebook

 


 

seoマスターProfessionalがお送りするseo news 一覧に戻る