seo news: ペンギンアップデートについて

seoマスターProfessionalがお送りするseo news

2016年1月25日~29日の最新ニュースです。

 

 


 

 

 

2016年1月29日(金)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

HTTPS化について。

 

Googleは昨年から、HTTPのサイトは安全ではないので、
セキュリティを強化する為にサイトをHTTPS化することを薦めています。

 

またGoogleは、HTTPSのサイトを優先的にインデックスすることをアナウンス。
MOZがリサーチしたデータによると上位化されているサイトのうち25%がHTTPS化されているようです。

 

そんな中、Google Chromeに今後HTTPS化されていないサイトへ警告マークがついてしまう
かもしれないという情報がありましたので、ご紹介いたします。

 

現在Google Chromeのアドレスバーで
HTTPのサイトには白紙のマークが
HTTPSのサイトには鍵のマークが表示されています。

 

しかし、今後HTTPのサイトには白紙のマークでなくて
鍵マークの上にバツ印がついたようなマークになるようです。

 

現時点でGoogleからアドレスバーのアイコンについてのアナウンス
はありません。

 

こちらの情報はmotherboardの
“Google Will Soon Shame All Websites That Are Unencrypted”の記事を参考にいたしました。

 

またHTTPSに関して情報が入りましたらご紹介いたします。

 

http://motherboard.vice.com/read/google-will-soon-shame-all-websites-that-are-unencrypted-chrome-https

 

 


 

 

2016年1月28日(木)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

Googleの画像再認識までの期間について。

 

サイトを作成し、ページの存在をGoogleに知ってもらう為に
Fetch as Googleでインデックスの申請を行うかたも多いと思います。

 

そのような場合、すぐとはいかなくともかなり早い時間で
Googleにページを認識してもらえます。
もちろんページ内の画像もページの一部であるので
Googleは早い段階で画像の認識を行います。

 

しかし、一度インデックスされたページに更新をかけて
画像を変更した場合、Googleが画像を認識する期間としては
約1ヶ月ほどかかるようです。

 

(※Googleが認識する=Googleの画像検索結果にでてくることを指します。)

 

Googleのジョン・ミュラー氏が自身のTwitter上で
質問者に対して上記の様なコメントを返していました。

 

この内容を詳しく知りたい方は下記URLをご参照ください。
Search Engine Roundtable
Google: Updating Images Can Take Months; We Don’t Index Them Frequently
https://www.seroundtable.com/google-image-indexing-21533.html

 

 


 

 

2016年1月27日(水)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

AMPについて。

 

昨年末、モバイル端末でのページ表示の速度を高速化にするプロジェクト、
AMPについてGoogleから発表があり、
2016年の2月からは検索結果にAMP実装されたサイトも表示されることを
アナウンスしていました。

 

AMPを実装したサイトは”Fast”というアイコンを付ける予定とアナウンスがあり、
逆にページの表示速度が遅いサイトには “red slow””slow to load”
というようなアイコンがつくテストなども行われています。

 

これによってユーザが検索結果でこのサイトは表示が速いサイトで
このサイトは遅いサイトとクリックする前に分かるような仕組みとなりそうです。

 

現在AMPが実装されているサイトは、SNSやニュース関係のサイトが多いです。
日本では、日刊スポーツ・LINE等が実装しているようです。

 

この現状からウェブマスターの間では、AMPはニュース系のサイトが実装に向いていて
他のジャンルのサイトは、AMPに重きを置かなくてもいいのではないか?
と言われているようです。

 

しかし、Googleは今後ニュース系のサイトだけでなく、
ECサイトなどもAMPを実装したほうがいいかもしれないとコメントをしているようです。

 

まだまだこれから、AMPについて様々な情報が出てくると思いますので、
動きがありましたらご紹介いたします。

 

また、下記にAMPに関するURLを貼っておきますので、
ご参考までにご覧ください。

 

AMP公式ブログ
ACCELERATED MOBILE PAGES PROJECT
https://amphtml.wordpress.com/2015/12/16/why-amp-is-fast/

 

Google News Lab
News Lab Office Hour: AMP Part Two: with guest Emeric Studer, AMP Technology Manager
(GoogleウェブマスターハングアウトのAMP版のようなものです。)
https://www.youtube.com/watch?v=RAOKaQcvz44

 


 

 

2016年1月26日(火)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

SNSでのシェアに関する特許をGoogleが取得。

 

Googleがソーシャルネットワーク(SNS)上で共有するリンクを支援する為の
アルゴリズムに関する特許を取得したそうです。

 

ユーザが情報共有するときSNSなどのサービスを利用して情報を
共有したい人物に送ります。

 

その後、情報をうけとったユーザがリンク先に行こうとすると、
他の人にもこの情報をシェアしてくださいという要求が出てくる
という流れに関する特許内容のようです。

 

Googleは他にも自動的にツイートを行う機能などの特許を申請しているようですが、
今回はシェアした相手にもシェアを促す機能に関する特許のようです。

 

Googleがこの特許を取得したことによって
SNSの環境も変化があるかと思われます。

 

また何か動きがありましたらご紹介いたします。

 

この記事は下記記事を参考にいたしました。
Social Media Marketing
Google Files Patent To Replace Social Media Marketers
http://marketingland.com/google-patent-update-social-media-160204

 

 


 

 

2016年1月25日(月)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

そろそろくるのか?ペンギンアップデート。

 

Googleのゲイリー・イリーズ氏がペンギンアップデートについて
自身のTwitter上でコメントしていましたので、ご紹介いたします。

 

昨年末に「ペンギンアップデートは2016年の初旬に行う」とGoogleからコメントがありましたが、中々Googleからの発表はありませんでした。

 

つい先日も「ペンギンアップデートか」と騒がれたアルゴリズムの変更も
コアアルゴリズムの更新でした。

 

そこで1人のウェブマスターが、ゲイリー・イリーズ氏のTwitterに
「アップデートはいつなのか?」
という質問を投げかけたところ、

 

「このクウォーター内に発表できることを目指している。
しかし、正確な時期についてはまだ分からない」
とコメントをしていました。

 

このコメントから3月までにはペンギンアップデートが実行されるのではないかと
ウェブマスターの中で噂されています。

 

またペンギンアップデートについて動きがありましたら、ご紹介いたします。

 

この記事はSeaech Engine Roundtableに掲載された
Google: Real Time Penguin Algorithm Should Launch In Weeks
を参考にいたしました。

 

詳しくご覧になられたい方は下記URLよりご覧ください。
https://www.seroundtable.com/google-penguin-algorithm-should-launch-in-weeks-21503.html

 


 

seoマスターProfessional
SEOセミナー
seoマスターProfessional Facebook

 


 

seoマスターProfessionalがお送りするseo news 一覧に戻る