seo news: titleタグ、アプリのユーザビリティについて

seoマスターProfessionalがお送りするseo news

2016年1月18日~22日の最新ニュースです。

 


 

 

2016年1月22日(金)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

Search ConsoleでAMPのエラーを見つける。

 

 

Google Search ConsoleでAMPのエラーレポートが見れるようになりました。
2015年の1月21日のウェブマスター公式ブログで発表された内容で、
このAMPのエラーレポート機能は、まだまだ試験的な段階のようで、
これから徐々に改善などを行っていくようです。

 

AMPのレポートは、、[検索での見え方] で [Accelerated Mobile Pages] という項目
から見ることができるそうです。

 

またAMPに適していると思われるサイトであった場合
CMSにプラグインをインストールするだけでAMPを実装ができる場合もあるようです。

 

AMPは、Accelerated Mobile Pagesの略称で
モバイル端末でのページ表示の速度を高速化にするプロジェクトととして認識されています。
AMPの HTMLフレームワークは公開されています。

 

詳しくご覧になられたい方は下記URLよりご覧ください。
Search Console における AMP エラー レポートのプレビュー
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2016/01/amp-error-report-preview-in-search.html

 

 


 

 

2016年1月21日(木)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

最近Googleが行っているテスト 2。

 

昨日に続きGoogleが検索結果表示に関する新たなテストをAndroidの機種上で
行っているようなのでご紹介いたします。

 

・簡単にアプリダウンロードへ

 

昨年より、検索結果の表示にアプリも出てくるようになり、
検索画面からアプリを見つけてダウンロードすることもできるようになりました。

 

しかし、アプリのダウンロードを行う為には、
検索結果画面からGoogle Play(アプリをダウンロードするページ)に移動して
アプリをダウンロードする仕様になっています。

 

アプリをダウンロードするボタンも無料のアプリだと【Free】(日本だと無料)
という表記になっています。

 

現在英語圏で行われていると言われているテストでは、
Google Playに移ることなくアプリをダウンロードできるようです。

 

簡単に説明しますと【Free】ボタンが【INSTALL】(インストール)と表記が変わっており、
【INSTALL】ボタンをタップすると検索結果の表示画面に
ポップアップウィンドウが出てきて、そこからアプリをインストールできる
ようになっているようです。

 

詳しくご覧になられたい方は下記URLよりご覧ください。
Google Is Rolling Out The Ability To Install Apps Directly From Search Results
http://www.androidpolice.com/2016/01/18/google-is-rolling-out-the-ability-to-install-apps-directly-from-search-results/

 


 

 

2016年1月20日(水)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

最近Googleが行っているテスト。

 

Googleが検索結果表示に関する新たなテストをAndroidの機種上で
行っているようなのでご紹介いたします。

 

・ドロップダウンメニューの表示
Googleで検索をおこなう際に使用するワードを入力する
テキストボックスをタップすると現在テストで、
ドロップダウンメニューが表示されているようです。

 

今まででしたら、ログが残ってる場合【過去に検索したワード】が出ていましたが、
現在は、ドロップダウンメニューとして
【過去に検索したキーワード】以外に
【過去に探した】(Recent Searches)
【人気の話題】(What’s Hot)
【近くを見る】(Nearby)
という項目が出てくるようです。

 

日本でAndroidを使用し、ドロップダウンメニューが出るか試してみましたが、
確認することができませんでした。
現在このテストは、英語圏内のみで行われているようです。

 

この情報はロシアのSEO情報サイトの記事を参考にいたしました。
詳しくご覧になられたい方は下記URLよりご参照ください。
http://www.seonews.ru/events/google-eksperimentiruet-s-poiskom-na-android-/

 

 


 

 

2016年1月19日(火)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

アプリのユーザビリティについて。

 

Googleのプロダクトを統括しているアミット・シンガル氏が
”モバイルファースト”な生活を送ることに関してインタビューを
受けた際に、アプリのユーザビリティに関する話が出ていましたので、
ご紹介いたします。

 

アミット・シンガル氏は、すべての検索をモバイルで行う生活を送るうえで、
モバイルは、タイプ(文字をうつ)するデバイスではなく
タップして操作を行うデバイスであると述べた後に、

 

「Googleが採用しているオートコンプリート機能は、
タップを2~3回すれば、欲しい情報を手に入れることが出来る。
しかし、多くのアプリはこの様なオートコンプリートの機能を採用していないようだ。

 

その為、アプリに何をしたいか伝える為に多くのタップをしないといけないので
結局はGoogleで検索して済ませてしまうことが多くなる。」
と話をしていました。

 

アミット・シンガル氏の記事を読んだところ、
ここで言っているオートコンプリート機能を備えたほうがいいアプリは、
旅行やレストランなどを予約するアプリを指すようです。
上記の内容を詳しくご覧になられたい方は下記URLよりご覧ください。
How Google’s Search Chief Has Been Living The “Mobile First” Life For Over A Year
http://searchengineland.com/google-search-chief-lives-mobile-first-239942

 

 

 


 

 

2016年1月18日(月)

≪seoマスターProfessionalがお送りするトッピクス≫

titleタグは短めがいい?

 

tiltleタグを設定した時に”置き換え”られることがあることを皆様ご存知でしたか。

 

Googleは以前よりページ内容にそぐわない内容のtitleタグや
以上に長いtitleタグが設定してある場合、
検索結果に表示せず、titleを適切なものへと”置き換え”をおこなっていたようです。

 

しかし、titleタグの”置き換え”は、PC検索ではそこまで
頻繁に起こっていなかったようですが、
モバイル検索では頻繁にtitleタグの”置き換え”が行われているようです。

 

モバイルはPCに比べると表示する画面の幅が小さいことからも
長すぎるtitleは”置き換え”られてしまう可能性が高いようです。

 

これは2016年1月15日に行われた
English Google Webmaster Central office-hours hangoutで
ジョンミュラー氏の発言でtitleについてコメントを参考にいたしました。

 

これを機にtitleタグの見直しを行われるのもいいかもしれません。

 

なお弊社サービス「seoマスターProfessional」でも、検索結果上位10万ページ以上の
分析をもとに出している傾向値として検索エンジンに好まれるtitleタグの文字数を
出しておりますのでユーザ様は併せて確認してみてください。
titleについてのジョンミュラー氏のコメントを詳しくご覧になられたい方は、

下記URLよりご覧ください。
English Google Webmaster Central office-hours hangout
https://youtu.be/gfXGfvKJnPY

 

 


 

seoマスターProfessional
SEOセミナー
seoマスターProfessional Facebook

 


 

seoマスターProfessionalがお送りするseo news 一覧に戻る